熱いお湯で洗顔をするのはスキンケアになるのか

洗顔熱いお湯で洗顔をすると、スキンケアになるという噂があります。しかし、これはまったくのデマであり、肌にダメージを与えてしまうのでやめましょう。丁寧な洗い方で肌へのダメージを考えていても、熱いお湯で洗顔をしてしまうことでバリア機能の低下や乾燥肌、敏感肌、と改善されにくい肌トラブルを引き起こしてしまいます

では、どのくらいの温度から熱いお湯に分類されてしまうのでしょうか。理想的なぬるま湯は32℃と言われています。この温度で酸化した皮脂が流れ落ちてしまうので、綺麗な肌を保てるようになるのです。しかし35℃以上になってしまうと、肌に必要な皮脂も流してしまい、肌のバリア機能の低下に繋がります。皮脂はすべて落とすもの、と考える人もいますが、必要な皮脂もあるのです。すべて皮脂を落としてしまうことで、皮脂の過剰分泌や乾燥肌に繋がります。過剰にあっても困るものですが、まったくないのも良くない、それが皮脂なのです。

そのため、熱いお湯で洗顔をしてしまうとバリア機能が低下して外部からの刺激もすべて吸収してしまいます。その結果、しみやくすみ、たるみなど老化現象を引き起こす肌トラブルに続々と見舞われてしまうので気をつけてください。


肌トラブルの原因はどんなものがあるのか

肌トラブルに見舞われないために、きちんとスキンケアをするのは誰もが知っていることです。しかし、肌トラブルとは一体どのようなものがあるのでしょうか。スキンケアで改善出来るものもあれば、季節の肌トラブルのかゆみのように改善しにくいものもあります。

顔が痒い季節によって、顔がかゆくなる人がいるのではないでしょうか。それは紫外線や細菌、花粉などによる刺激からかゆみを引き起こしているからです。かゆみの原因は先述した3つ以外にも数多くあります。化粧品や洗顔、気温や貴金属など身近なものが多くあるのでかゆみを起こしやすい人も多いようです。かゆみが生じる原因として、刺激による肌のバリア機能が低下したことによって引き起こされると言われています

ただし、ただの刺激だけでかゆみにつながるわけではありません。普段から乾燥肌や敏感肌の人は特にかゆみを引き起こしやすい肌質なので注意してください。他にも加齢による皮膚の老化、女性ホルモンの減少などが原因になる場合もあります。季節によってかゆみが引き起こされる人は、普段以上にスキンケアに気を遣い、食生活や生活リズムが崩れていないか見直す必要もあります。これらを改善することで、かゆみも収まるという人がいます。


熱いお湯で洗顔するのは効果があるのか

スキンケアの方法のひとつとして、お湯で洗顔をするというものがあります。しかし、熱いお湯で洗顔をするのは良くないという情報もありますが、どちらが正しいのでしょうか。

ホイップ泡熱いお湯で洗顔をすること、実はNGなのです。熱いお湯で洗顔をしてしまうと、うるおいや皮脂を必要以上に奪うと言われています。そのため、一時的にさっぱりするのですが乾燥に繋がってしまうのでやめましょう。しかし、冷たい水だからと言っていいわけではありません。冷たすぎる水も肌には強い刺激となるので控えてください。理想は皮膚の温度に近いぬるま湯を使うことです。肌に近い温度が一番ダメージが少ないからです。

先にぬるま湯で軽く洗った後に、洗顔料で洗いましょう。ホイップ状に泡立て、その泡で洗うようにしてください。よく泡立てずに洗ってしまうと、肌と手の摩擦で顔へのダメージが増えてしまうからです。洗顔は手でこすらずに泡で洗うということが一般的です。泡立ちにくい洗顔料であれば、ブラシなどを使ってみてもいいかもしれません。スキンケアは肌へのダメージを如何にして失くすかにあります。一時的なさっぱりのためにゴシゴシこすってしまうと乾燥の原因になるので気をつけましょう。


肌トラブル回避のためにどんなスキンケアが必要か

女性であれば肌トラブルは味わいたくないものです。そこで、健康な肌を保つために日頃からのスキンケアが重要になってきます。肌トラブルを回避するためには、どのようなスキンケアが必要になるのでしょうか。肌トラブルが起こりやすいのは、日焼けと言われています。日焼けと聞くとあまり重要ではないように聞こえますが、簡単な火傷を負っている状態です。肌へのダメージは大きいので、日焼けは肌トラブルに繋がるリスクが高いと言われています。

日焼け止め夏場だけではなく、紫外線対策のために日焼け止めは年中塗っておいた方がいいかもしれません。他にも、寒い時期の乾燥も肌トラブルを招くと言われています。そのため、しっかり保湿をして肌に潤いを与えなくてはいけません。このように、スキンケアは肌の健康を保つために大きな役割を果たしているのです。

スキンケア用品を選ぶ時にも気をつけなければいけません。その理由は、スキンケア用品の中には敏感肌、乾燥肌、通常肌というようにタイプが分かれているものがあるからです。乾燥肌の人が通常肌の人用を使っても効果は少ないので、きちんと乾燥肌用のスキンケア用品を使いましょう。オススメしたいスキンケア用品は、皮膚科医の監修がされているものです。敏感肌や乾燥肌などのように、特殊な肌質を持っている人は他の人よりも気をつけてスキンケアをする必要があります。そのため、肌の専門医が監修したものの方が高い効果が期待出来るからです。