熱いお湯で洗顔するのは効果があるのか

スキンケアの方法のひとつとして、お湯で洗顔をするというものがあります。しかし、熱いお湯で洗顔をするのは良くないという情報もありますが、どちらが正しいのでしょうか。

ホイップ泡熱いお湯で洗顔をすること、実はNGなのです。熱いお湯で洗顔をしてしまうと、うるおいや皮脂を必要以上に奪うと言われています。そのため、一時的にさっぱりするのですが乾燥に繋がってしまうのでやめましょう。しかし、冷たい水だからと言っていいわけではありません。冷たすぎる水も肌には強い刺激となるので控えてください。理想は皮膚の温度に近いぬるま湯を使うことです。肌に近い温度が一番ダメージが少ないからです。

先にぬるま湯で軽く洗った後に、洗顔料で洗いましょう。ホイップ状に泡立て、その泡で洗うようにしてください。よく泡立てずに洗ってしまうと、肌と手の摩擦で顔へのダメージが増えてしまうからです。洗顔は手でこすらずに泡で洗うということが一般的です。泡立ちにくい洗顔料であれば、ブラシなどを使ってみてもいいかもしれません。スキンケアは肌へのダメージを如何にして失くすかにあります。一時的なさっぱりのためにゴシゴシこすってしまうと乾燥の原因になるので気をつけましょう。